(旧)宝塚男子ピエールのポンコツ日記

宝塚歴14年ほどになるポンコツアラサー男子が、ゆるゆると宝塚についての話を中心に綴ってゆきたいと思います。

当ブログはお引越し致しました。
引っ越し先は最新記事をご参照くださいm(_ _)m

こんばんは。

鮭は激流の川を遡って川上で産卵して力尽きると言いますが、
誰かそろそろ川下で産めばいいじゃんって言ってあげて欲しい、
宝塚男子ピエールです。


そんなこんなで本日は星組次期トップコンビ紅ゆずるさん&綺咲愛里さんのプレお披露目公演、
「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」
および「北関東の恋人」こと七海ひろきさん主演のバウホール公演、
「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」の出演者がそれぞれ発表になりました!

昨日の夜に一瞬発表された後で謎の消失を遂げてやきもきしておりましたが、
当初あったはずの下級生の名前が一部無くなっていたりしたようなので、
どうやら新公とかでよくある年齢的に深夜のお稽古ができない下級生が出られない問題だったんですかね~。

昨夜は「カイちゃんのヤバイやつ」でお馴染み「ブリドリネクスト第3回」のファーストランでしたので、
今日はこのお話とどっちにしようか迷ったのですが、
何せ昨日の今日でまだじっくり見ながら記事を書く余裕も無いので、
また日を改めて書かせていただけたらとm(_ _)m

とりあえず多くの女性視聴者がキャーキャー言いながら見ていたことと思いますが、
ピエールも心は女子(体はおじさん)になって楽しんでいたことだけお伝えしておきますね(* ̄∀ ̄*)


はてさて、まず「オーム・シャンティ・オーム」略して「オシャンティ」の方は、
紅くんとアイリーンの新トップコンビに加えて、
「紅5」で紅くんの大ブレイクを支えた壱城あずささんや如月蓮さん、
それから十碧れいやさん、「サッカー少年」でお馴染み礼真琴さん、少年と同期の瀬央ゆりあさん、
そして「桜華に舞え」で新公初ヒロインを果たす小桜ほのかさん等々。

ピエール、既にこの原作の映画を拝見致しまして、
以前このブログでもあらすじ等々をご紹介させていただきました。

ざっくり言うと紅くんが演じる(はずの)売れない俳優オームが、
アイリーンが演じる(と思われる)人気女優シャンティに恋をして仲良くなるんだけど、
アイリーンは実は映画プロデューサーのムケーシュと結婚していてしかし愛されていなくて、
ムケーシュはアイリーンを疎ましく思って殺害を計画し、
それを止めようとしたオームは命を落としてしまい、
けれどオームは生まれ変わって30年後に前世の記憶を取り戻し、
親友のパップーらと協力してムケーシュに復讐を計画する、みたいな話でございます。

で、ラインアップが発表になったときはまだ七海くんのバウ主演も発表されていなかったので、
七海くんが敵役のムケーシュだったらカッコイイだろうな~とか書いていた記憶があります。

しかしながら七海くんは念願のバウ単独主演が発表になり。

じゃあ誰がムケーシュやパップーを演じるんだろうな~と気になっていたところと、
以上が前回までのあらすじでございました。


そして発表になった出演者。

2番手がムケーシュとパップーのどちらになるかですが、
映画版を観た印象ではどちらにも可能性があるな~と思ったんですよね。

というのも、物語前半は親友のパップーといっしょにいる時間が多くて、
復讐が始まる後半になるとムケーシュとのやりとりがメインになるので、
前半と後半で見せ場の多い役が変わりそうな印象だったんですよね。

ただ、公演解説にはムケーシュの名前のみ書かれているのを見ると、
やっぱり敵役のムケーシュが2番手的なポジションになるような気がします。

となるとこの出演者の顔ぶれの中では、やっぱり礼少年が有力なのかな~と。

いかんせん30年の時を経てムケーシュもパップーもかなり年を取っているので、
どちらにしても後半はいわゆる「老け役」に挑戦することになるはず。

しかもムケーシュはもうなかなかにゲスい奴なので、
(イメージ的には「タイタニック」のローズの婚約者のキャルみたい感じ)
老け役な上にドス黒い役という難役になりそうですが、
「スカーレット・ピンパーネル」でショーヴランを演じることが発表されている少年、
もし「オシャンティ」でムケーシュを演じるとしたら、
「プレ・ショーヴラン」とも言える悪役に挑戦ということになるかも知れませんね。

まだ観てないので初日映像とかを見ただけでの想像も入ってますが、
「桜華」でも何やら闇を抱えた役を熱演しているようで。

何だかこの一年で大人の階段を駆け上る少年の姿が見れそうです。


となると親友パップーの方は誰かな~。

オームとパップーの掛け合いがホントに微笑ましいので、
「紅5」で深い縁のある壱城くんだったらファンとしても嬉しいのではないかと。

「瀬落ち」しているピエールとしてはせおっちにもパップーくらいの大役やって欲しいんですけどね~(>_<)

オームのお母さんもお笑い担当でかなり目立つ役なので、
副組長の美稀千種さんあたりが女役になって演じそうな気がするんですが、
意外に思いっきりオイシイポジションにして壱城くんがお母さんというのもあるのかも……。


そして七海くん主演の「竹中半兵衛」の方は、
天寿光希さん、音波みのりさん、麻央侑希さん、紫藤りゅうさん、真彩希帆さん、
そしてひろきさん大好きでお馴染み、「桜華」で新公初主演を果たす天華えまさんらに加え、
専科から悠真倫さんも特別出演。

ピエール、この2作品については未だかつて無いほど予習しておりまして、
ついこないだまで歴史についての知識が皆無だったところから、
半兵衛まわりの人物たちとはだいぶ顔見知りの気分になってきております( ̄^ ̄)ゞ

でもかなり局所的だからあまり突っ込まないで……。

こちらはオリジナル脚本なのでどんな人物がメインとなるかは未知数ですが、
おそらく半兵衛を語る上で外せない人物としては、
半兵衛が仕えた羽柴秀吉、その秀吉に半兵衛の後継者の軍師として仕えた黒田官兵衛
官兵衛の息子の松寿丸(後の黒田長政)、あとは織田信長とか秀吉の正室のねねとか、
半兵衛が当初仕えていたダメ君主の斎藤龍興とかも出てくるかな?

特別出演される悠真さんが秀吉とかかな~。

公演解説を見てもおそらく黒田官兵衛が2番手ポジションになりそうな気がするんですが、
官兵衛は天寿くんか麻央くんあたりでしょうか。

でも信長も出てくるとすると悠真さんが信長という可能性もあるので、
天寿くんが秀吉とか、あるいは信長すら麻央くんっていうのも面白いかも……。

紆余曲折あって官兵衛が1年間幽閉されていたときに、
官兵衛が裏切ったと思い込んだ信長によって息子の松寿丸が処刑されそうになるんですが、
それを半兵衛が独断でかくまって命を救ったというエピソードがあり。

これが半兵衛と官兵衛の絆を象徴するようなエピソードなんですよね。

天華くんがこの松寿丸だったらいいな~とか思ったんですが、
この頃まだ松寿丸はホントに小さな子どもだったようなので娘役さんとかが演じるのかな~。

ひろきさんに命がけで守ってもらえたりしたら天華くんさぞや嬉しかろうに……( ̄∀ ̄)


それから公演解説に登場している半兵衛の妻・いね(得月院)。

おそらくこの「いね」がヒロインになると思うんですが、
候補としては音波さん(秘かに「ミノリーン」と呼んでいる)か真彩さんのどちらかかな~。

ちなみに僕が読んだ半兵衛の本にこの妻については特に書かれておらず、
半兵衛が登場する大河ドラマの「軍師・官兵衛」でも登場していなかった気がするので、
この奥さんがどんな人物だったかのイメージが湧いていなくてですね。

勝手な想像ですが半兵衛がすごく物静かで知的な人物だったので、
半兵衛の妻もきっとあまり前に出てこない落ち着いた女性なんじゃないかと思っていて。

なので大人っぽい雰囲気のミノリーンが七海くんの奥さんだったら嬉しいな~(//∀//)

先日の「宝塚巴里祭」のときに七海くんとミノリーンが並んでる姿がこれまたすごい美しさだったので、
あれ以来この2人が相手役として組む作品が観たいなと激しく思うようになりまして……。

一方の真彩さんは勝ち気で天真爛漫な茶々あたりが似合いそうとか思ったんですが、
考えてみたらたぶん半兵衛が生きてた時代はまだ茶々は出てこないですよね(^_^;)

となると官兵衛の奥さんの光(てる)とか?(中谷美紀さんが演じていた人)

半兵衛と官兵衛って2才くらいしか変わらなかったみたいなんですが、
何となく先輩軍師の半兵衛夫婦の方が上級生カップルで、
官兵衛夫婦が下級生カップルとかが自然かな~と。

余談ですが「真田丸」で竹内結子さんが演じる茶々は割りと好感の持てる天真爛漫な女性として映るんですが、
「軍師・官兵衛」の方ではすごくしたたかで陰湿な小娘という感じに描かれていて、
こちらの茶々を演じている二階堂ふみさんが大嫌いになってしまいそうな今日この頃でございます……。

それとこれも最近学んだんですが、秀吉のことを嫌いになりたくなければ、
天下を取ってからの秀吉のことは何も知らない方が良さそうですな……。

美弥ちゃんの秀吉を見てたからまだ情があるけど、
美弥ちゃんの秀吉を見てなかったらもっと秀吉が嫌いになってた気がする……。


ということでどちらの作品もそこそこ予習しているお陰で、
新作ながら配役発表が待ち遠しくてドキが胸胸しております(*´∇`*)

あとはチケット、そうチケット……チケット降ってこい……。

さーて、またブリドリネクスト見よ~っと( ̄∀ ̄)

こんばんは。

みなさまごきげんよう(ニコライ少尉風)、
宝塚男子ピエールです。


はてさて本日は星組公演の振り分けが発表になりました!
……と思っていたんですが、なぜかその出演者発表ページが消えてしまいまして……。

記憶を頼りにそれぞれの出演者についての記事を書いていたのですが、
ピエールの記憶が間違っていたら申し訳ないのと、
そもそも出演者一覧が消されたということは発表された内容に誤りがあったという可能性もあるので、
このニュースについてはまた改めて発表されたときに書きたいなと……。
(危ない橋は渡らないタイプでございます)


そんなこんなの日々ですが本日は他にもニュースがあり。

まずは専科の轟悠さんと宙組トップ娘役の実咲凜音(みりおん店長)さん主演の宙組公演、
「双頭の鷲」のポスターが公開されました!

衣装などはたぶん先行画像と概ねいっしょな感じかと思われますが、
真っ白なベッド?の上に逆さまに向かい合って横たわる轟さんとみりおん店長。

果たしてどちらが北枕なのか!?というのはどうでもいいかと思うんですが(笑)。

ピエール、先日無事にこの「鷲」のチケットも確保致しました!( ̄^ ̄)ゞ

朝夏まなとさんとみりおん店長がバラバラということでふてくされておりましたが、
愛月ひかるさんも出るし、桜木みなとさんや和希そらさんも出て何気に結構な豪華メンバー……。

しかもみりおん店長はこの次の「王妃の館/VIVA FESTA!」での退団も発表されていて、
もうすぐみりおん店長が見られなくなると思うとやっぱり行かずにはいられません(T^T)

あ、ちなみにですね、ドクターコパ曰く、風水的には北枕の方がいいらしいですよ( ̄∀ ̄)


それから月組の新トップコンビ珠城りょうさんと愛希れいか(ちゃっぴー)さんの大劇場お披露目公演、
「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」の先行画像も公開されました!

シックな黒いスーツに身を包んだたまきちくん、
何だかグッと大人っぽい顔つきになっています!

一方、赤い衣装を纏ったちゃっぴーは頭にも赤いターバン(?)をかぶっており。

「グランドホテル」はちょっと前に赤坂ACTシアターで観ることができたのですが、
ちゃっぴーの演じるグルーシンスカヤは輝きに翳りが見え始めたバレエダンサーという、
ダンサーとして定評があり、トップ娘役として豊富な経験を積んできたちゃっぴーだからこそできる大人の役!

月組は先日、龍真咲さんの退団公演が千秋楽を迎えたばかりですが、
こうして新コンビの先行画像を見ると、
「もう新しい時代が始まってるんだな~」というのをしみじみ感じますね……。

新コンビの画像を見るのは龍さんが退団したことを改めて思い知るので淋しさもあります。

しかし千秋楽でのあの龍さんの「ちゃぴ、今までありがとう(*^_^*)」という笑顔と、
「しっかりしろ!泣くな!(`・ω・´)」とカツを入れられたたまきちくんのキリッとした表情を見て、
龍さんは安心してたまきちくんとちゃっぴーに月組を託したんだろうなと感じました。

「グランドホテル」が始まるのは年明けなのでまだまだ先にも思えますが、
大きな羽根を背負って大階段を降りてくるたまきちくんと、
その隣に立つちゃっぴーの姿を想像しつつ楽しみに待ちたいと思います!

ちなみにピエール、この「グランドホテル」のチケット……。

取れませんでした~~(笑)!!(//∀//)

さすがにまだ取れてませんが、
いつ発売されてもいいようにぬかりなくスタンバっております。


ところで皆さん、本日は23:30より、
「カイちゃんのヤバイやつ」でお馴染み、
七海ひろきさんの「Brilliant Dreams +NEXT」の第3回が初回放送なのでお見逃しなく~!( ̄∀ ̄)

こんばんは。

大劇場の千秋楽の夜に龍さんと鍋パーティーをする夢を見たとお話しましたが、
東京の千秋楽であった昨日の夜は、
知らないおじさんと寂れた売店でお菓子を買うという毒にも薬にもならない夢を見たことをご報告致します、
宝塚男子ピエールです。


はてさて……。

皆さま、「NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!」の千秋楽の映像、
ご覧になりまして?

「笑いあり、涙あり」を絵に描いたような一日だったようで……。

お芝居の方はさすがに大きなアドリブは無く進んだようですが、
ショーの方では龍真咲さんから組子さんたちに公開説教が行われたらしく(笑)。

ピエール、宝塚ファンになって10数年でございますが、
ショーの途中で出演者が揃って「気を付け」の姿勢で直立不動にさせられているのを初めて見ました(//∀//)

龍さんの退団に向けて組子の皆さんがいろいろ企画して準備してくれてたようなのですが、
どうやらそれが龍さん本人にバレバレだったようで。

「何かそんなんされたらさぁ……正直感動するやん?( ̄∀ ̄)」と、
結局嬉しかったのを隠し切れない龍さん(笑)。


そして終演後、この公演を最後に専科へ異動した凪七瑠海さんのご挨拶。

月組に組替えしてからの3年間を「あっという間だったけど心から楽しかったと思える」と振り返り、
「最後に、明日から言えなくなってしまうこの言葉を言わせてください。……月組の凪七瑠海です!」と、
月組生として最後の挨拶をされていました。

ちなみに組長の飛鳥裕さんも本日から専科に戻られましたが、
飛鳥さんの組子を見守る視線って本当に優しさに溢れてますよね。

僕が宝塚デビューした頃は雪組の組長をされていたんですが、
組が変わってもこうして慈愛に満ちた表情で組を率いることができる姿は本当に素敵だなと思います。


さらに龍さんのサヨナラショー、退団者の挨拶へと続き。

龍さんといっしょに退団された生徒さんの一人、
龍さんと同期の萌花ゆりあさんは、
何とご結婚されるそうで客席にも婚約者の方がいらしてたんだとか!

飛鳥組長から「本人の許可をもらったので」とした上で結婚のお知らせがあったそうなのですが、
白く染まった客席の中に婚約者の方は一人ポツンと青いジャケット?パーカー?で来てしまったらしく、
「目立ってましたよ」と龍さんからいじられていたそうです( ̄∀ ̄;)

しかも飛鳥組長はその後、
「龍真咲、結婚……できませんでした!!」
と龍さんの結婚できなかった報告もしてくれたみたいです(笑)。


そして何度目かのカーテンコール、
幕が上がったときは舞台上に一人だった龍さん。

眩しそうに客席を見上げていた目をふと舞台袖に向けると、
「ちゃぴ」と優しく愛希れいかさんの名前を呼びました。

客席のどよめきと共に恐る恐る袖から登場したちゃっぴー(ピエールはこう呼んでいる)。

すでに動揺しているちゃっぴーを手招きして呼び寄せると、
「蓋を外そうか?」と問いかける龍さん。

「はっ!やめて下さいっ!」と焦るちゃっぴーを尻目に龍さんは、
「蓋と言うのはですね、溢れんばかりの感情に蓋をしているらしいです」と説明。

口元を抑えながら言葉を失っているちゃっぴーに向かい龍さんは微笑みながら一言。




「……今までありがとう(*^_^*)」




こ、、、、、、






こんなイイ話がありますかーーーー!!!!????(TOT)





あまりに突然のことに完全に蓋が外れてしまったちゃっぴー、
まるで水揚げされた人魚のように体を激しく震わせていました(T^T)

「蓋が……蓋さっき外された……さっきショーの前に蓋はず、はず……されちゃって……」
としどろもどろなちゃっぴーに、
「何言ってるの!?ちゃんとハッキリ喋りなさい!(`・ω・´)」とSモードに切り替わる龍さん(笑)。

「閉めたんですけど……ずれました……(´;ω;`)」とちゃっぴーは目を潤ませていました。


さらに龍さんは反対側の袖にいた珠城りょうさんのことも「たまき」と呼び出し。

「皆さん、私はもう卒業しました。愛希れいかと珠城りょうをよろしくお願いします」と、
新たな月組を担う二人をファンの方々に託していました。

しかしちゃっぴー同様にウルウルしてしまうたまきちくんに対しても、
「しっかりしろ!泣くな!(`・ω・´)」とすぐまたSに戻りました(笑)。


ということで今日のニュースでは舞台上の映像のみでしたが、
たしか明日には最後の楽屋入りや終演後のパレードの様子も放送してくれるんだったかな?

いずれにせよ龍さんは、
「ちゃぴ、今までありがとう」のたった一言で、
「まさちゃぴファン」の思いを全て成就させてくれたのではないでしょうか。

ちゃっぴーはホントに幸せな相手役だったんだなというのを改めて感じました。

そんな「元カレ」の思い出を抱えたちゃっぴーと次にコンビを組むたまきちくんも大変だとは思いますが、
(すごすぎる彼氏と別れた後の女の子と付き合うのは大変という意味で)
しかし龍さんからの思いを受け取ったのはたまきちくんもまた同じ。

「アーサー王伝説」で始動する「たまちゃぴコンビ」を見る度に、
二人の中に巣くう龍さんの姿が重なって見えるかも知れないな~と感じました。

改めまして、龍さん、ご卒業おめでとうございます!

こんばんは。

宝塚男子ピエール、結婚……できませんでしたーーーー!!

宝塚男子ピエールです。


ということで本日は月組トップスター龍真咲さんの退団公演、
「NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!」の千秋楽。

Twitterを開いたらライブビューイングに行かれた方々のレポで溢れていて、
電車の中で笑いを堪えたりウルッとしたりで大変でございました。

ピエールは残念ながらライブビューイングには行っておらず、
今日は一日外出していてさっき帰ってきたところなので、
遅くなってしまいましたし詳しくは各々Twitterとかで検索していただくとして……。


ちなみに以前も書いたかも知れませんが大劇場の千秋楽の夜、
ピエールは龍さん他数名の月組生の方々と鍋をつつきながら打ち上げをする夢を見ておりました(笑)。

若くしてトップになったり、比較的長期に渡ってトップを務めたりしていると、
その良さに気付いてファンになる人が増える一方、
いわゆる「アンチ」も出てくるものだと思います。

おそらく龍さんはそんなアンチもいることを分かった上で、
敢えて自分の個性を貫き、一見すると突拍子もないことを続けることで、
全ての批判が他の誰でもない自分に注がれるように仕向け、
全ての批判を自分が背負う覚悟をしていたような気がします。

これは宝塚という世界に限らず、会社の社長とか上司とか先輩とか、
人の上に立つ人たちでもできてる人って少ないんじゃないかと思います。

そういえばピエールの前の職場の上司はまさに、
表向きはカッコイイこと言っておきながら全ての責任を部下に押し付けるタイプでしたね……。

龍さんみたいな上司って頼もしいだろうな、とかちょっと思いながら最近の龍さんを見ていました。

でも無茶ぶりに応えるのも大変そうですが(笑)。


僕は龍さんがトップになった頃はちょうど宝塚離れし始めた頃だったので、
龍さんの魅力に気付けたのはトップとして後半になってからだった気がします。

でも退団前に龍さんの魅力に気付けて本当に良かったです。

それはたぶんブログを始めてから、
龍さんファンの方々とも交流させていただくようになったりして、
今まで知らなかった龍さんの魅力に気付かせてもらえたというのも一つのきっかけだと思います。

なので龍さんファンの方々には心から感謝しておりますm(_ _)m

ちなみに龍さんファンの方って(もちろん人にもよると思うんですが)、
龍さんがいろいろ言われるタイプであることをファンの方も分かっているからなのか、
「みんなうちの龍さんのこと好きでしょ!?ね!?好きに決まってるよね!?」ってゴリ押しせず、
「あの……いろいろ言われたりもするんですけど、やっぱり私は龍さんが好きで……(´・ω・`)」
ってどこが遠慮がちに接してくれるところがすごく好きです(笑)。


今頃スカイステージの人が一生懸命編集作業をしてくれてると思うので、
明日のニュースを楽しみにしたいなと思います。

龍さん、そして退団者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

あとはとりあえず、
今夜の夢では龍さんが何を食べに連れて行ってくれるか楽しみにしながら布団に入ります(笑)。

こんばんは。

先日テレビで放送されていたドラゴンボールの映画を断捨裸零離くんといっしょに見ていたのですが、
かつては悟空に修行を与えた伝説的な存在だった無天老師こと亀仙人がすっかり戦力外なのを見て、
「亀仙人ってもはやただのおじさんだよねぇ」と言った後で、
「……俺らといっしょか……」という結論に至り切ない気持ちになりました、
宝塚男子ピエールです。


はてさて忘れないうちにちょっと訂正なのですが、
昨日の記事のコメントのやりとりで梅田芸術劇場等で上演予定の「スカーレット・ピンパーネル」について、
何となく「東宝版」と呼んだりしていたのですが、
正確にはこれは東宝ミュージカルではなかったようでした。

強いて呼ぶなら「梅芸版」でしょうか?

いずれにせよお詫びして訂正致しますm(_ _)m


ということで明日9月4日(日)は月組トップスター龍真咲さんの退団公演、
「NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!」の千秋楽。

2012年からトップスターとして月組を率いてきた龍さんの、
とうとう宝塚最後の日が訪れようとしています。

そんな龍さんのラストデイですが、
ちょうど今月のスカイステージ無料デイでもあります。

千秋楽にはしゃぎながらスカステを楽しむという状況でもないかも知れませんが、
とりあえず今月もピエールが個人的にオススメの番組をご紹介させていただけたらとm(_ _)m


■ 「タカラヅカニュース総集編」(7:00~8:00)

お馴染み1週間の出来事を振り返るタカラヅカニュースの総集編。

今週はおそらく花組全国ツアー公演「仮面のロマネスク/Melodia」の稽古場の模様などが放送されると思います。
(違ったらごめんなさい)

尚、小池都知事による築地市場の豊洲移転延期決定会見の模様をご覧になりたい方は、
民放のニュースをご覧ください(当然です)。


■ 「リクエスト!スター名場面 龍真咲」(8:00~9:00)

トップスターの現在に至るまでに出演した公演から、
視聴者のリクエストにより選ばれた名場面を放送する番組。

龍さんの退団に合わせ、以前放送された龍さんバージョンが放送になります!

いつ頃放送されたのかピエールはちょっと覚えていないのですが、
トップになってからだけでなく、下級生時代の貴重な映像も見られると思いますので、
皆さんどうぞチェックしてください!


■ 「TAKARAZUKA 花詩集 100!!」(10:45~12:00)

宝塚100周年を記念して上演された月組公演。

現在上演中の「Forever LOVE!!」と同じく、
龍さんが大好きなことでお馴染み藤井大介先生が龍さん率いる月組と共に作り上げた作品です。


■ 「ぽっぷあっぷ パック・クリスタル Time」(16:00~16:45)

2014年に上演された月組公演「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA」

その上演に合わせて開催されたスカイステージ貸切スペシャルイベントの模様が放送されます。

この頃はまだスカステ加入前だったので記憶が曖昧なのですが、
たぶん貸切公演の終演後に開催されたトークイベントとかだったかな……?

いずれにしても舞台映像とはまた違った様子が楽しめるイベントだと思うので、
どうぞこちらもお見逃し無く!


■ 「スカイ・ステージ・トーク Dream Time 龍真咲」(18:00~19:00)

各組の若手男役2名がMCを務め、
上級生をゲストにがっつりトークを繰り広げる番組。

龍さんをゲストに迎え、朝美絢さんと蓮つかささんの2人が様々な話を引き出してくれています。

たしか僕がスカステに加入して間もなくに放送されていたんだったかな……?

当時はまだ龍さんにハマる前で、
なおかつ朝美ちゃんやれんこん君のこともよく知らなかった頃だったので、
今回改めて見てみたいなと思っております。


■ 「Memories of 萌花ゆりあ」(19:00~19:30)

龍さんと共に退団する、龍さんと同じく87期生の「まいまい」こと萌花ゆりあさん。

その萌花さんのこれまでの宝塚人生を振り返るインタビュー番組です。

通常、トップスター以外で退団される場合はタカラヅカニュースでのインタビューのみで終わってしまうのですが、
ある程度上級生になるとこうして単独のインタビュー番組を放送してくれて、
それがこの「Memories of ~」シリーズなのかなと。

決してトップさんのように舞台の真ん中で日の目を浴びる存在ではなかった方々にも、
宝塚人生においてたくさんの思い出があるということを垣間見える番組です。

龍さん関連の番組と併せてどうぞご覧くださいませ。


■ 「ザ・タカラヅカⅥ 月組特集check!」(19:30~20:00)

不定期で刊行される「ザ・タカラヅカ」、いわゆる「組本」。

その月組本が発売された際に放送されたメイキング番組が再放送されます。

たしか初回放送されたとき、
龍さんと愛希れいか(ちゃっぴー)さんの高校生風の衣装が流れた瞬間、
Twitterが激しく興奮していたのを鮮明に覚えております。

かくいうピエールもちゃっぴーの姿が超絶可愛くて悶えていたのですが、
女子高生の格好した女の子を見て喜んでたらヤバイおじさんだと思われそうなので、
何事も無かったかのようにひっそり静かに観賞しておりました(笑)。


そんな感じでご覧の通り今回の無料デイは1日中ずっと「龍真咲フルコース~まいまいを添えて~」という構成になっております。

ちなみに今回はこの「月組本番組」を最後に、
20:00以降は「1789~バスティーユの恋人たち~」等の新作扱い番組で、
何と悲しいことに放送終了の深夜26:00まで6時間も無料対象外の時間となっております。

ひどい……せっかくの無料デイなのに……(´;ω;`)

だったらこの無料対象外は前日の土曜に放送して、
無料デイには少しでも無料対象の番組を組んでくれたらいいのに……。


と、いささか残念なところもございますが、
龍さんの千秋楽だけど劇場やライブビューイングに行けないという方は、
どうぞスカイステージでこれまでの龍さんの姿をたくさん楽しんでいただけたらと思います!

↑このページのトップヘ