(旧)宝塚男子ピエールのポンコツ日記

宝塚歴14年ほどになるポンコツアラサー男子が、ゆるゆると宝塚についての話を中心に綴ってゆきたいと思います。

当ブログはお引越し致しました。
引っ越し先は最新記事をご参照くださいm(_ _)m

こんばんは。

気象予報士って超狭き門をくぐり抜けた人だけが合格できると聞いた気がするのですが、
そんな狭き門をくぐり抜けた人たちが考えてるにしては天気予報って外れすぎじゃないでしょうか、
宝塚男子ピエールです。


はてさて、
「9月の卓上カレンダーにまさに今月トップに就任した珠城りょうさんが!」
と今さら驚いていたピエールですが、
そうこうしている間に2017年のカレンダーの構成が発表になりました!

カレンダーがここまで人事を反映していることに最近気付いたもので、
どこにどう着目すればいいのかあまり分かっていないのですが、
とりあえず気になったところだけ見てみますと……。

まずは各組トップコンビと2番手スターが勢ぞろいする「1.宝塚スターカレンダー」(敬称略)。

(表紙)美弥るりか綺咲愛里
(1月)早霧せいな
(2月)花乃まりあ咲妃みゆ
(3月)珠城りょう
(4月)実咲凜音
(5月)紅ゆずる
(6月)真風涼帆
(7月)明日海りお
(8月)愛希れいか
(9月)朝夏まなと
(10月)芹香斗亜
(11月)轟悠
(12月)望海風斗

今まで微妙なポジション扱いされていたもののスターカレンダー入りしたことで、
「2番手就任か!?」と話題になっていた「北関東の瞳」こと美弥ちゃん。

星組の新トップ娘役のアイリーンと2人で表紙に登場!

みやアイリーン?るりアイリーン?るりーン??北関東の瞳ーン(笑)???(//∀//)

何にせよ、何と幸せな組合せ……(//∀//)

このカレンダーを今まで買ったことがないのでよく分かってないのですが、
娘役さんがソロではなく2人で登場したのはよく見かけた気がするものの、
男役さんと娘役さんの2人で登場というのは珍しいような??

突然の格上げになったので、まずはソロではなく2人で、ということでしょうか??


そして既に来年の退団が発表になっているのは、
2月5日の東京宝塚劇場公演千秋楽で対談する花乃ちゃんと、
同じく4月30日付けで退団となる実咲さん(みりおん店長)。

カレンダー上だと花乃ちゃんは2月、みりおん店長は4月なので、
まさに退団月に登場となっています。

なるほど、やはり退団月より後には登場しないようになっているわけですね……。


と、そうなると「3.宝塚ステージカレンダー」の方の掲載月も気になるので、
いったんこちらも見てみたいなと。

(表紙)桜木みなと綺咲愛里
(1月)轟悠・花乃まりあ
(2月)芹香斗亜・凪七瑠海
(3月)実咲凜音明日海りお
(4月)礼真琴望海風斗
(5月)彩風咲奈咲妃みゆ
(6月)瀬戸かずや美弥るりか
(7月)早霧せいな・華形ひかる
(8月)柚香光愛月ひかる
(9月)真風涼帆珠城りょう
(10月)愛希れいか七海ひろき
(11月)彩凪翔朝夏まなと
(12月)紅ゆずる月城かなと

こちらは両面仕様みたいですね。

なるほど、こちらの方が登場しているスターが多いのか~。

ちなみに花乃ちゃんは1月、みりおん店長は3月なので、
やはりどちらも退団月までに登場していることになりますね。

なんか今さらだけど、ホントに退団しちゃうんだなというのを痛感しております。。


それから次々回の大劇場公演「Dramatic "S"!」で、
タイトルにイニシャルが入ってることで「もしや……」と不安になったのが早霧せいなさん。

この公演の東京の千秋楽は7月23日。

対して上記2種類のカレンダーの早霧さんの登場月は、
それぞれ1月と7月……。


………………。



み、見なかったことにします( ̄∀ ̄)


あと気になるのを挙げるとすると、トップとして最もベテランとなる愛希れいかさん(ちゃっぴー)。

まだ演目は発表になってませんが次々回の大劇場公演の東京の千秋楽は10月8日。

そしてちゃっぴーが登場しているカレンダーは8月と10月……。



………………。



み、見てない見てない(>_<)



たまたまだよ、たまたま( ̄∀ ̄)



たまたまたまさまたまちゃぴたまるりのりたま多摩ニュータウン多摩ネットワーク……。





……カレンダーって怖いな~、やだな~……(´;ω;`)




稲川淳二さんが出てきそうなので話を変えまして、
若手スターが中心の「2.宝塚卓上カレンダー」。

(1月)礼真琴
(2月)月城かなと
(3月)十碧れいや・麻央侑希・瀬央ゆりあ・紫藤りゅう
(4月)愛月ひかる
(5月)彩凪翔
(6月)水美舞斗優波慧真那春人永久輝せあ
(7月)柚香光
(8月)桜木みなと
(9月)鳳月杏
(10月)凛城きら・蒼羽りく・和希そら・瑠風輝
(11月)彩風咲奈
(12月)朝美絢・暁千星

まず注目は、去年まではグループで掲載だった、
8月の桜木みなとさん、9月の鳳月杏さんのソロデビュー!

桜木さんはそろそろかな~という予感はありましたが、
鳳月さんがここにきてソロデビューというのは嬉しいですね~(//∀//)

ちなみに6月は花組と雪組の方々が混合になってます。

ピエール、この卓上カレンダーは2015年と2016年と2年続けて購入したのですが、
異なる組の方々が同じ月にいっしょに登場するのは初めて(もしくは久しぶり?)かと。


ところで1つ気になったのが、
雪組は翔くん、さきちゃん、つきしろくんと3人の方がソロなのに対し、
月組はソロは1人も無し、しかも登場している人自体が、
12月にコンビで掲載の朝美ちゃんと暁くんの2人のみということに。

いくらなんでもちょっと組間のバランスが良くない気がするのは僕だけですかねぇ。。

組を跨いでの掲載がOKなのであれば、
98期というまだ若い暁くんは他の組の方といっしょにして、
朝美ちゃんはソロにしてあげてもいいんじゃないかと思うのですが……。

それともどうしても朝美ちゃんを明確に暁くんよりも格上にしたくない理由でもあるのでしょうか……。




…………えーっと…………。


結論。


「カレンダーの深読みは体に良くない」、です(泣)。

こんばんは。

「渡る世間は鬼ばかり」を見ていて、
自分の孤独な老後がガチで不安になってまいりました、
宝塚男子ピエールです。


そんなこんなで、9月のアンコールアワーで放送された、
桜木みなとさんが出演されたときの「Talk Variety オシエテ!?」。

放送されたのはいつ頃かちょっと未確認なのですが、
まだ初々しき桜木さんが登場されていました。

たしかこの頃の司会は専科の五峰亜希さんと美穂圭子さんが交代でされていて、
今回は美穂さんの回でした。

で、冒頭で視聴者から届いたお便りを紹介するスタイルは現在と同様なのですが、
そこでふと気付いたことが。

そのときに紹介されていたお便りは、
雪組の透水さらささんが出演された回に関するものだったんですね。

「オシエテ」って最近は男役さんしか出演しなくなってしまった印象があるんですが、
以前は娘役さんも出演していたんだな~と。

しかもそのお便りも、
「これからもいろいろな組の娘役さんに登場して欲しいです」と締め括っていましたし。


で、ふと思い出したことがあるんですが。

ピエールの一推し娘役さんである「アイリーン」こと綺咲愛里さん。

そもそもいつからアイリーンのことを認識してたんだっけな~とか時々自分でも忘れるんですが、
実はこの「オシエテ」に出演されたときなのですよ!

その頃はまだ絶賛スカステ難民で、
かなり宝塚離れもしてしまって観劇回数も少なくなっていたので、
男役・娘役問わず下級生にはすっかり疎くなっていた時期で。

たまたま実家に帰ってスカステを見ながら、
「今はどんな若手の人がいるのかな~」と思っていたときに放送されていたのが、
アイリーンが出演した回の「オシエテ」だったのです!

なんかタレ目で可愛い子だな~とそのときも思ったんですが、
そのときは「へ~、こんな子がいるんだ~」くらいで終わっていて。

そこからかくかくしかじかでいつの間にやらすっかりアイリーン推しになり、
隙あらば「アイリーーーン!!(≧∀≦)」と叫ぶようになっている次第です。

何で娘役さんは登場しなくなっちゃったんだろうな~。

たまにはまた娘役さんも出演してくれたらいいのに。

というかアイリーンの回、再放送してくれないかな……(*´∇`*)アイリ~ン


と、そんな感じで始まった桜木さんの「オシエテ」ですが、
桜木さんが初めて宝塚をビデオで観たのが、
1998年の宙組版「エリザベート」だったそうで。

「エリザ」と言えば今まさに桜木さんは出演中じゃないですか!

初めて宝塚を知った思い出の作品に、
しかもルドルフ、エルマー、そしてシュテファンという、
主要キャストの1人として出演してるなんてすごいですよね~。

ちなみに桜木さんが「エリザベート」のビデオを見たのは小学校5年生のときで、
そのときには既に98年版でトートを演じたトップスター姿月あさとさんは退団していたらしく。

その事実に気付いた美穂さん、
「そっか、小学校5年生で、(姿月さんは)もう退団されてた、あはは……( ̄∀ ̄;)」と、
とんでもない若い子と話していることに言葉を失いかけていました(笑)。


そんな桜木さんが音楽学校を受験した際、
身長順に振られた受験番号で隣にいたのが星組の瀬央ゆりあさんだったんだとか。

「受験初めてなの~?そっか広島から来たんだ~。私は横浜なの~(⌒∇⌒)」
みたいな会話を待ち時間にしていたそうなんですが。

で、、、

出たーーーー!!

横浜出身の人は「神奈川出身」とは答えない説ーーーー(笑)!!

「桜木みなと」っていう芸名からも地元横浜が大好きというのが分かりますもんね~(^^;)


それにしても音楽学校時代の写真とかをいくつか紹介されていたのですが、
写ってる人たちがいちいちスターばかり!

前述のせおっちとか、水美舞斗さんとか、
娘役さんも実咲凛音さんとか、愛希れいかさんとか、伶美うららさんとか、星乃あんりさんとか。

いつもならご本人以外の名前が出てこないことも普通にあるんですが、
今回は知ってる人が写ってない写真がありませんでした(//∀//)


ということで、桜木さんの下級生時代のお話や、
桜木さんが好きな「ラーメンズ」のネタの話とかいろいろあったのですが、
ちょっと本日は時間が無くなってしまったので突然ですがこれにて失礼致します(笑)m(_ _)m

ちなみに最後はファンへのメッセージとして、
「『男気・桜木』というモチベーションで、芸人魂で、頑張っていきます」
という謎のキャッチフレーズとともに終了しました(笑)。

こんばんは。

カミングアウト致します!
実はピエールはアンドロイドです!
宝塚男子ピエールです。

あ、スマホの話だお( ^ω^ )

ちなみに断捨裸零離くんはiPhoneだお( ^ω^ )


ピエール、高校生のときに初めて携帯を買った時からずっとドコモユーザーでして。

なんかもはや今さら変えるのめんどくさいという理由だけでドコモを使い続けている感じなんですが、
僕が高校生の頃って結構周りもドコモだらけだった気がするんですよ。

でも大学生くらいのときにauの学割が幅をきかせてきたことがあって、
周囲の友達がどんどんauに流れていったんですね。

で、今の若い子には信じられないかも知れないんですが、
当時の携帯って会社が違うと「」みたいな絵文字を送れなかったりしたのです。

絵文字が使えないと「(^_^)」みたいな記号で作るクラシカル顔文字(と呼んでいた)を使うしかないのですが、
これって何か色味も無くてすごい無感情な雰囲気に感じていて。

なのでドコモだった友達がauに電撃移籍してしまう度に、
友達が1人また1人と本音が見えない存在になってしまったような寂しさを感じておりました。

今はそもそも絵文字使うことも無くなっちゃいましたけどね。

ただ一人、肉島くんだけはLINEで連絡するときに可愛い絵文字を添えてきてくれるので、
つられて僕も絵文字を返すという感じでございます。


ということで特にオチも無い話が長々と続きましたが、
先週から上演中の花組バウホール公演、
「アイラブアインシュタイン」の初日の模様がタカラヅカニュースで放送されました。

主演はこれがバウホール初主演となる瀬戸かずやさん。

GLAYファンでお馴染みの瀬戸かずやさん。

同期の蒼乃夕妃さんから、
「何かあきらっぽい」という雑な理由で「あきら」という愛称を付けられたでお馴染みの瀬戸かずやさん。

高校生の頃にオムライス屋さんでアルバイトをしていたけれど、
女子高生なのにホール担当じゃなくて厨房でオムライス作りの腕を磨いたでお馴染みの瀬戸かずやさんです。


ピエール、宝塚を10数年見てきて、
「宝塚でSFものってコケることが多い」と思ってたんですね。
(もちろん面白いものもあったんですが)

良くも悪くもちょっと古さがある作品の方が宝塚の世界観とは合っていて、
あとは舞台という限られた設定の中で、
SFや近未来の雰囲気を再現するのってかなり難しいんだろうな~と。

しかしこの「アインシュタイン」は、初日映像を見る限り面白そうじゃないですか!(≧∀≦)

何かライトノベルとかを読んでるような(ほとんど読まないけど)、
続きや結末が気になってドキドキさせられる魅力を感じます。


水美舞斗さん演じるトーマス、城妃美伶さん(しろきみちゃん)演じるエルザも登場し、
物語がどんどん動き出します。

ピエール、この断片的な映像を見ながら勝手に想像したことがあるんですけどね。


トーマスは実はアンドロイドな気がする!


えーと、なぜかと言いますとですね。

まず、何か髪色とか右目に付いた傷とかが、
いかにも普通の人間ではない雰囲気を醸し出してるのですよ。

それとですね、
「そもそもアンドロイドに感情を与えることなんて不可能だ」とアルバートに言われたとき、
さっきまでニコニコしながら喋っていたトーマスが、
「いいや不可能じゃない!少なくとも昔の君はそう思っていた!」
と必死になって否定する場面があるんです。

何だかトーマスがここまで急に必死になるのは、
実は自分もアンドロイドであって、
自分が感情を持つことを「不可能」と言われることが耐えられなかったんじゃないかと。

はい、すでにバウホールでご観劇されて真相をご存じの方々が、

「ピエールまた的外れなこと言っとるワロタwwww」

って笑ってるお顔が目に浮かぶようでございます( ^ω^ )


それからアルバートの亡き妻、ミレーヴァを演じる桜咲彩花さんは、
主に回想的な感じで登場するんですかね??

エルザはミレーヴァの面影を漂わせているという設定で、
桜咲さんとしろきみちゃんは似てると言われれば似ているし、
似てないよ~と言われれば似てない気もする感じですが。

アルバートを包み込むような優しさを感じさせるミレーヴァに対し、
人間の感情を勉強中のエルザはまだ幼くて、
まるでミレーヴァの子ども時代がエルザというか、
あるいはアルバートとミレーヴァの子どもがエルザなんじゃないかというような近い雰囲気を感じます。

あとしろきみちゃんはやっぱり前歯が可愛いです(//∀//)


中盤でアルバートがエルザに言う台詞。

「感情のコントロールなんて人間だってできるもんか。むしろ、頭でコントロールできないものを心と呼ぶんだよ」

頭は良くても人に嫌われる人とかって、きっと心の方ができそこなってるんでしょうね。

頭の方は大人になってからでもある程度は改善できますが、
厄介なことに心の方は大人になってからのお直しって難しい気がします。

「頭が良くなる本」とか「心を強くする本」っていうのはよく聞きますが、
どういうワケか「心を優しくする本」って聞かないんですよね。

たぶん人間って、誰かに優しくなってほしいと願うことはあっても、
努力してまで自分自身が優しくなろうとするのは苦手な生き物なのではないかと。

そう考えると、優しい心を持った人は賢い頭を持った人の何万倍も価値があると思います。

果たしてエルザは、そんな「心」を手に入れることができるのか……!?

そしてそもそも「心」とは、本当に「人間らしい」ものなのか……!?

とかちょっと哲学的なことを考えながら見ていたら、
デュエットを歌う流れからアルバートがエルザにキスしようとした際、
突然エルザがアンドロイドの顔に戻ってそれを避けるというくだりがありました(笑)。

これ……アルバートの立場からしたらいろいろショックだわ……( ̄∀ ̄;)


終演後は、まず今回の花組出演者の中で最上級生、
瀬戸さんの同期でもある梅咲衣舞さんがご挨拶。

奇しくも「いぶ」ってすでにアンドロイドっぽいお名前ですよね(//∀//)

瀬戸さんの挨拶へ繋げる際、
「この日を、どれほどの方が待ち望んでいたことでしょう」と語る梅咲さんの言葉に、
同期の瀬戸さんの初主演を心から喜ぶ様子が感じられて胸アツでした。

最近は新公学年のうちにバウ主演を果たす方も多くなっていますが、
やっぱりこれくらい熟してから苦労して手にした初主演は、
ご本人にとっても周りにとってもすごく感慨深いんじゃないでしょうか。


そんな瀬戸さんは、この作品を作り上げるにあたってたくさん悩んだと語りつつも、
上級生らしい力強い挨拶をされていました。

なんかね、瀬戸さんの姿を見ながら、
「いいじゃない!これくらい遅咲きでもいいじゃない!」
と思ったのはきっと僕だけじゃない気がします。

最後のカーテンコールでは、
「アイラブアインシュタイン!」という瀬戸さんに続き、
「ウィーラブあきらさーん!(≧∀≦)」と出演者全員の掛け声で締めくくっていました。

わずか10日間ほどの短い公演ではありますが、
瀬戸さんの初主演が最高の作品としてたくさんの人の心に残るよう祈っております!

こんばんは。

未だ人類が踏み入れていない秘境の奥地とかで地面を這いずり回っている毒蛇とかって、
いったい前世でどんな悪いことをしてそんな場所に生まれる羽目になったのでしょう、
宝塚男子ピエールです。


ということで毎月ご紹介しております若手スターの卓上カレンダー。

9月は何と事件が起きました。
image
「若手のカレンダー」って呼び続けてきたのに、
トップスターの珠城りょうさんが登場してしまいました(゚∇゚ ;)

すげえ……たまきちくん、すげえ……。


えーとですね、ピエールの勝手な解釈ではあるんですが、
カレンダー上での男役さんの一番典型的な出世パターンで言うと、

・卓上カレンダーにグループで登場

・卓上カレンダーでソロに格上げ

・場合によってはここでポスターカレンダーとしてソロデビュー

・2番手になると共にスターカレンダーへの登場およびパーソナルカレンダーの発売

っていう順番だと思ってるんですが合ってますでしょうか??


しかし皆さまご存じのとおり、月組の前トップスター龍真咲さんの時代は、
長らく2番手が確定しない時期が続き……。

2017年は星組のみパーソナルカレンダーを発売する方が不在と話題になっておりますが、
たしか2016年では月組がまさにそんな状況だったような。

ゆえにたまきちくんも2番手としてパーソナルカレンダーを発売するタイミングがなく、
学年的にもまだポスターカレンダーも発売しておらず、
気付いたらこの2016年の若手の卓上カレンダーから、
2017年は一気にトップスターとしてスターカレンダー入り&パーソナルカレンダー発売を果たすということに!

でもファンの方にとってはせっかくだから、
2番手時代のパーソナルカレンダーも出ていて欲しかったんじゃないのかな~と(>_<)


それにしてもアレですね、今さら気付いたんですが、
この卓上カレンダーが発売されたのって去年の10月くらいだったと思うんですが、
その頃ってまだ龍さんの退団も発表される前でしたよね??

でも今になってみると、
まさに龍さんが退団してたまきちくんがトップに就任した9月にたまきちくんが登場とは!

これって絶対偶然じゃなくて、
劇団的にはちょうどたまきちくんのトップ就任に合わせてますよね??

うーむ……これからカレンダーで誰が何月とか発表になったとき、
来年の動向をいろいろ勘ぐってしまいそう……。


ということで反対側はこんな感じでございます。
image
こういう、シャツの上にニットっぽいのを着るスタイルって男性ファッションの定番ですが、
普通の男性がこれやってると結構野暮ったくなりがちなんですよね~。

しかし男役さんが着ると何とまぁスタイリッシュなことか!

ホントにもう、男役さんたちのスタイルや服の着こなしに見慣れてしまうと、
鏡に映った自分の姿を見るたびに悲しくなるのが悩みです……( ̄∀ ̄;)

こんばんは。

Facebookにアップされた友達の子どもの写真に「いいね!」を押す人がたくさんいますが、
コメントを残さず「いいね!」を押してるだけの人の8割は「どうでもいいね!」という意味だと思います、
宝塚男子ピエールです。


ということで本日は現在お稽古真っ最中の雪組大劇場公演、
「私立探偵ケイレブ・ハント」の新人公演その他の配役が発表になりました!

いつもながらオリジナルの新作は役の比重も分かりませんが、
おそらくこの辺が大きめの役かなというところをまとめてみたいと思います。

■「ケイレブ・ハント」配役(一部抜粋)
役名出演者 新人公演 
 ケイレブ・ハント  早霧せいな  永久輝せあ 
イヴォンヌ 咲妃みゆ  星南のぞみ 
 ジム・クリード  望海風斗  真地佑果 
 カズノ・ハマー  彩風咲奈  縣千 
 メキシコ人の夫  鳳翔大  真條まから 
 アデル  沙月愛奈  有沙瞳 
 ナイジェル  香綾しずる  叶ゆうり 
 ホレイショー  彩凪翔  諏訪さき 
 ハリエット  星乃あんり  妃華ゆきの 
 マクシミリアン  月城かなと  橘幸 
 ライアン  永久輝せあ  星加梨杏 
 ポーリーン  有沙瞳  羽織夕夏 
 レイラ  星南のぞみ  彩みちる 
 空港職員  彩みちる  水沙瑠流 

トップコンビ早霧せいなさんと咲妃みゆさんの役を演じるのは、
「トワキン・スカイウォーカー」こと永久輝せあさんと、
「ノゾミーナ」こと星南のぞみさんということは先に発表されていました。

そして今回発表された中で注目は、
まず望海風斗(だいもん)さん演じるジムは真地佑果さん!

96期の真地さんはおそらくこれが最後の新公になるのかな?

これまでも「ルパン三世」彩風咲奈さんの次元大介、
「るろうに剣心」鳳翔大さんの相楽左之助等、
新人公演でたくさんの重要な役を担ってきた方かと思いますが、
最後の新公となる今回はさらに大役を務めることになりそうです。


それから配役表ではもう一人太線の上に書かれているさきちゃんのカズノ役には、
101期生の縣千さんが抜擢。

「るろ剣」の新公でも月城かなとさんの四乃森蒼紫に抜擢されて話題になった縣さんが、
今回再び大役に挑むことになりそうです。

このままいくとトワキンの次に新公主演を務めるのは縣さんということになるのでしょうか?

縣さんはかなり注目されている若手の有望株だとは思うのですが、
やっぱり脇の演技で学べることも大切だと思うので、
有望な方だからこそどうか焦らずに今のうちに脇も経験させてあげてほしいなと思ったり……。


他には「ドン・ジュアン」で鬼気迫る演技と素晴らしい歌声を聞かせてくれた「アリッサ」こと有沙瞳さん。

今回は行方不明でケイレブに調査の依頼が来る女優アデル(本役:沙月愛奈さん)。

物語の鍵を握る重要な存在だと思うので、
アリッサちゃんがさらに魅力を開花する役になればいいな~と思います。

沙月さんはダンサーというイメージがある一方で、
アリッサちゃんは歌がお上手というイメージなんですが、
アデルがその辺の見せ場もある役だといいですね~(//∀//)


それから「るろ剣」の新公でだいもんの演じる2番手の加納惣三郎を演じた諏訪さきさんは、
彩凪翔さんの演じる刑事ホレイショー役。

「ナギショーのホレイショー」として話題になっている(と勝手に思っている)ですが、
今回の中で「美味しい役だったらいいな~」と最も祈っている役の1つです(>_<)


そして既に「星逢一夜」と「るろ剣」で新公ヒロイン2回、
「ドン・ジュアン」でドラマシティのヒロインも経験している彩みちるさん。

今回はだいもん演じるジムの恋人レイラ、
本公演ではノゾミーナが演じるということでピエールもワクワクしている役です(*´∇`*)

新公で彩さんが演じるということは、
逆算的に考えてもやっぱりレイラはかなり重要な役という気がしてきます!(≧∀≦)


そんなこんなで改めて並んだ名前を見ていると、
雪組さんは上級生~中堅は男役さんがかなりスターの宝庫というのに対し、
新公学年の下級生には新公ヒロイン経験者の娘役さんが豊富だな~と。

すでに新公は卒業している星乃あんりさんも含めて、 
雪組はピエール的にもノゾミーナを筆頭に気になる娘役さんが多いので、
これから娘役さんの役も豊富な作品が上演されていってくれればいいな~( ´ ▽ ` )ノ

そしてちょうど本日9月18日は、
中学生男子キャラでお馴染みのトップスター早霧さんの誕生日です!

早霧さん、14才の誕生日おめでとうございます(笑)!(≧∀≦)ノシ

↑このページのトップヘ